チューベローズってどんな花?どんな香り?詳しくご紹介。

チューベローズってどんな花?どんな香り?詳しくご紹介。


チューベローズってどんな花?どんな香り?詳しくご紹介。

チューベローズという花は、日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、香水によく使われることから名前を聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。乳白色の美しい花を咲かせ、花の香りの中でも最もセクシーと言われるほど、優雅で官能的な香りを放ちます。そんなチューベローズについてご紹介します。

チューベローズの特徴

チューベローズは、「チュベローズ」「ツベローズ」「チューブローズ」など様々な呼び方をしますが、すべて同じ花のことを指します。ローズと語尾に付きますがバラ科のバラとは関係がなく、チューベローズはキジカクシ科に属します。

原産はメキシコで、日本では自生はしていないようですが、「月下香(げっかこう)」という和名を持ちます。中国では「夜来香(イエライシャン)」「晩玉香(ワンユイシャン)」と呼ばれていたり、マレーシアやインドでは「夜の女王」と呼ばれているようです。乳白色の可憐な見た目とは裏腹に、夜になると強い香りを発するという神秘的で小悪魔的魅力を持つ不思議な花です。

チューベローズの特徴

チューベローズの香り

夜になると強い香りを発するチューベローズ。その香りはなんとも官能的で、花の香りの中でも最もセクシーと言われるほど。濃厚な甘さとフローラルな爽やかさが相まった、艶やかな大人の香りが特徴的です。甘い香りが苦手な方は少し苦手に思われるかもしれませんが、濃厚な甘さといってもただただ甘いだけではなく、そこに上品さがプラスされたような、美しい甘い香りがしますので、一度試す価値はあるかもしれません。

チューベローズは香水のトップノートにも良く用いられますが、かつてイギリスでは国中が香水の虜になったため、1770年には「香水を使用して男性を結婚の罠に落とすことは無効なり」という法案が可決され、その代表格として挙げられるのがチューベローズだったそうです。また、チューベローズの畑を横切ると、我を忘れて愛し合ってしまう可能性があるから、夜更けに恋人同士での通行は禁止されていた、なんて話もあるなど、チューベローズは歴史的にも様々な逸話を残しているようですね。

人々の理性を狂わせるような、魅惑の香りを放つチューベローズ。皆さんもぜひ香ってみてはいかがでしょうか?

チューベローズの効果

ここまでチューベローズの香りがいかに人々を魅了するかについて書いてきましたが、チューベローズの香りはただただセクシーなだけではなく、とても高いリラックス効果を発揮し、ストレスが溜まっているときや神経が緊張して疲れているときに使うと、心を開放し気持ちを明るくしてくれる働きもあるようです。

自分では気づいていなくても、知らないうちに疲れやストレスが溜まっていたりするので、うっとりするような甘くて上品なチューベローズの香りで、ネガティブな気持ちを明るくするのも良いかもしれませんね♪

チューベローズの花言葉

チューベローズの花言葉は、「危険な楽しみ」、「危険な戯れ」、「危険な快楽」、「危険な関係」、「冒険」などがあります。

花が必ず2輪ずつ咲く様子は男女の関係性を連想させ、夜につれ発する芳醇な強い香りは、今夜何かが起こりそうな危険な様子を連想させます。

チューベローズの花言葉

いかがだったでしょうか?当店ではこの他にも様々なチューベローズの香りの商品を取り扱っていますので、可憐な見た目からは少し意外な、エキゾチックでフローラルな魅惑の香りが気になってきた方は、ぜひぜひお試しください!

今日休業日

休業日は発送業務をお休みさせていただいております。

Facebook Instagram