美容液とは?正しい使い方や順番など詳しく解説

美容液とは?正しい使い方や順番など詳しく解説


美容液
美容液を使う順番やタイミング、この使い方であってる?とお悩みではありませんか?せっかく高価な美容液を使っても、使い方が間違っているとその効果を十分に発揮できないことがあります。

それではもったいないですね。そこで今回は、美容液とはそもそもどのような効果を持っているのか、美容液の基本的な知識から正しい使い方まで、詳しく解説します。

美容液についての理解を深め、正しく使えるようになると、美容液の効果も高まります。

美容液とは?


美容液とは基礎化粧品の一つで、特定に悩みに働きかけるものです。

基礎化粧品には、このような種類と役割があります。
  • 化粧水→水分を与える
  • 乳液、クリーム→油分を与える
  • 美容液→しみ、しわ、毛穴などを集中ケア

美容液の使用は必須ではないものの、肌の悩みに合わせて使うことで、プラスアルファの美容効果を得られるアイテムです。

美容液の種類・肌の悩みに合わせた特徴


美容液の種類はいろいろあります。肌の悩みに合わせて選びます。

肌の乾燥が気になるときの保湿美容液


肌の乾燥が特に気になる季節や、化粧水+乳液・クリームだけでは乾燥が収まらない時などは、保湿に特化した美容液を使ってみましょう。乾燥肌〜普通肌の方に向いています。
  • セラミド
  • アミノ酸
  • スクワラン
  • ヒアルロン酸
などが配合されています。

メラニンの生成を防ぐ美白美容液


シミやそばかすが気になる時、また、肌のくすみが気になるときにも有効なのが美白美容液です。

シミの元となるメラニンの生成を抑え、シミを予防する効果が期待できます。
  • ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸
  • カモミラET
  • コウジ酸
  • ナイアシンアミド
  • アルブチン
などが配合されています。

紫外線は1年中降り注いでいますし、肌の摩擦もメラニンができる原因となります。シミやくすみが気になる人は一年中使うと良いでしょう。

なお、美白とは紫外線によるメラニンの生成を抑えることでシミやそばかすを予防する働きを指す言葉です。 美白美容液で今あるシミがなくなるわけではありません。

年齢の悩みが気になるときのエイジングケア美容液


シワやたるみ、ほうれい線など、年齢を感じ始めたお肌に使うのがエイジングケア美容液です。

保湿効果が高く、しわやたるみにアプローチしながら肌にハリと潤いを与えます。
  • レチノール
  • ペプチド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
などが含まれています。

悩みに合わせ、顔全体にハリやツヤを与えるもの、もしくは目元のたるみやシワに使う部分用美容液など、部位によって分かれていることもあります。

ニキビを防ぐニキビケア用美容液


ニキビの原因はターンオーバーの乱れ、皮脂の過剰分泌、肌の乾燥などいろいろあります。 その悩みに応じてニキビを防ぐための美容液を選びます。
  • ニキビの炎症を抑える→グリチル酸ジカリウム、アラントイン
  • 皮脂の過剰分泌を抑える→ビタミンC誘導体
  • 肌の保湿→ セラミド、アミノ酸、ヒアルロン酸

基礎化粧品の浸透を高めるブースター美容液


ブースター美容液は導入美容液とも呼ばれます。洗顔後すぐの肌、化粧水を塗る前に使うのがブースター美容液です。

肌を柔らかくして、化粧水の浸透を良くする役目があります。 いつもの化粧品では保湿力が物足りないというときにおすすめの美容液です。

美容液の種類・テクスチャー


自分の肌の悩みに合わせて美容液を選んだら、テクスチャーにも着目してみましょう。

さらっとしたエッセンス


化粧水よりも多くの美容成分が配合されており、化粧水と同じようなさらっとしたテクスチャーの美容液です。

いつものスキンケアでは物足りないと感じたときに、取り入れやすいアイテムです。

とろみがあるセラム


セラムはエッセンスよりも濃厚で、ややとろみがあるのが特徴です。

シミやシワなど特定の悩みに集中的にアプローチするものが多いので、改善したい悩みに合わせて選びます。

美容液の正しい使い方


美容液は、正しく使ってこそその効果を発揮します。

美容液の量は種類によって違う


美容液を使うときは、適量を守ることが大切です。多すぎても少なくてもいけません。

基本的には、商品に表示されている適量を使います。ただし、「適量」としか書いてない場合、どのくらい使ったら良いのかわからないことがあります。

その場合は、以下の量を目安にしてください。
  • 化粧水のようなさらっとしたタイプ:100円玉大
  • 乳液・クリームタイプ:パール2個分

美容液は温めてから塗るとなじみがよい


美容液を塗るときは、適量を手に取り手のひらでよく温めてから顔全体に塗りましょう。

温めて人肌程度の温度にすることで、より肌になじみが良くなります。

寝るときはムラが出ないように、顔全体に塗った後手のひらでハンドプレスをしてしっかりなじませましょう。

乾燥が気になる部分には重ね付けするのもおすすめです。

美容液を塗るタイミングは化粧水の後が基本


化粧水を塗るタイミングは、化粧水で水分を与えた後です。

化粧水→美容液→乳液→クリームの順番で塗ります。

気をつけたいのは、乳液やクリームなどが多いものの後に使わないということです。 油分が肌に幕を張り美容液の浸透を妨げてしまいます。ですので、美容液は油分が多いアイテムの前に使うのが基本です。

もし、美容液を2種類使うなら、さらっとしたもの(水分が多いもの)を先に使います

ただし、美容液によっては化粧水の前に使うものもあります。使い方については必ず商品に表示されていますので、その順番通りに正しく使うようにしましょう。

美容液は毎日塗ってこそ効果が出る!1ヶ月は続けてみる


美容液は、基本的に毎日使用します。化粧水や乳液と同じです。

スキンケアは日々の努力で結果が出ます。たまに使うだけではなかなか効果を実感できませんので、朝と晩洗顔の後のスキンケアに使うようにしてみてください。

美容液を使うときに注意したいこと


美容液を使うときには以下の点に注意をしてください。

使う量や回数を守ること


たくさんつければ効果が高くなるわけではないので、製品に表示されている適量を守りましょう。

いちどにたくさん使うよりも、毎日適量を使う方が効果的です。

肌に塗るときは丁寧に!決してこすらない


美容液を肌に塗るときは、やさしく丁寧に馴染ませるようにします。

ゴシゴシと肌をこすらないように気をつけてください。

効果を実感するまで1ヵ月以上は使ってみること


美容液は、数回使って効果が出るものではありません。1つの目安として、肌のターンオーバー周期があります。 

およそ28日周期で肌は新しく生まれ変わっています。肌が生まれ変わったときにどうなっているか、それが美容液の効果を実感できるタイミングです。

ですから、美容液の効果を実感するためには、最低でも1ヵ月は使ってみましょう。

年齢や肌の状態によっては、ターンオーバーがもっと長くかかることもありますので、あまりあせらず2〜3ヶ月はじっくり使ってみてください。

使用期限内に使い切ること


他の化粧品と同じように、美容液にも使用期限があります。

開封した時から酸化が始まります。 成分が劣化した状態の美容液を肌につけるのは良くありません。また、長期間放置しておくと、雑菌が繁殖してしまう可能性もありますので、使用期限内に使い切りましょう。

肌に合わないときは使用を中止すること


実際に使ってみて肌に赤みやかゆみが出るなど、トラブルが起きた場合には、すぐに使用を中止して様子を見ましょう。

「アレルギーテスト済み」などと書いてあっても、万人に合う化粧品は残念ながらありません。

高かったのにもったいないと思うかもしれませんが肌に合わない美容液を使い続けると、効果を得られるどころか、肌荒れなどのトラブルにつながります。

一旦止めて、また体調の良い時に使ってみるなど期間をあけることをおすすめします。しかし、何度使っても肌に合わないと感じたら、残念ですが使用を中止しましょう。

美容液に関するよくある質問とその回答(Q&A)


美容液の使い方や効果についてよくある質問とその回答についてまとめました。

美容液とは何のために使うものですか?


美容液は、化粧水や乳液等にプラスして、特定の肌のトラブルや悩みに対してアプローチするものです。

シミやシワ、たるみ、保湿などお肌の悩みに応じた成分が入っているものを選びます。

美容液はどのタイミングで使いますか?


美容液は、化粧水でお肌を整えた後に使うのが基本です。ただし、中には洗顔後そのままの状態でつけるものもありますので、使い方を確認してから塗りましょう。

美容液は毎日使った方が良いですか?


基本的には毎日使います。化粧水や乳液と同じく、1日2回、朝晩の洗顔後に使用しましょう。

まとめ


美容液とは、化粧水や乳液、クリームに加えて、特定の目的のためにプラスして使う化粧品のことです。

保湿や美白、エイジングケアなど様々な目的に合わせて選ぶことができます。

今回は、美容液の選び方や使い方について詳しく解説しました。

美容液は、続けて使ってこそ効果を発揮します。適量を正しい順番で、2〜3ヶ月は継続して使ってみてください。

Yuka Nanami Profile

WEBライター/メディカルアロマ講師/ブロガー

18年間、国家公務員として勤務した後、アロマセラピストスクールに転職。メディカルアロマ講師としてアロマテラピーを教える仕事に就く。その後、アロマテラピーの楽しさをもっと知ってもらいたいと思い、自身でもブログを開設しアロマの素晴らしさを広める活動をしている。現在はWEBライターとして、アロマやハーブ、コスメなど幅広いジャンルのコンテンツ作成に関わっている。

人生の目標は、「良い世の中を作ること」。女性が経済的にも精神的にも自立して、幸せに暮らせる世の中を作りたい。

前の記事はありません

リードディフューザー Jules + Gem Hawaii (ジュルス&ジェム・ハワイ)
今日休業日

休業日は発送業務をお休みさせていただいております。

Facebook Instagram